相田研究室

研究室概要

 現在は、(1)無機多孔質材料を用いた高分子合成反応の制御、(2)デンドリマー型高分子化合物の光・超分子化学、(3)メゾスケールの材料科学、(4)生体関連分子による分子認識と触媒機能が主な研究テーマである。

主な業績


歴史


卒業生


研究キーワード


関連文献


研究主催者概要


aida.jpg

(写真 理研)

相田 卓三 アイダ タクゾウ   Aida, Takuzo

研究者番号


00167769

経歴

1979年 - 横浜国立大学工学部応用化学科卒業
1984年 - 東京大学大学院工学系研究科合成化学専攻博士課程修了 工学博士。
1984年 - 東京大学工学部助手
1989年 - 東京大学工学部講師
1991年 - 東京大学工学部助教授
1994年 - 東京大学大学院工学系研究科助教授
1996年 - 東京大学大学院工学系研究科化学生命工学専攻教授

受賞歴

1988年 - 日本化学会進歩賞
1993年 - 高分子学会賞
1999年 - Wiley高分子科学賞
1999年 - 日本IBM科学賞
2000年 - 名古屋シルバーメダル
2001年 - 東京テクノフォーラムゴールドメダル
2005年 - 井上学術賞
2005年 - ACS Arthur K. Doolittle Award
2009年 - 日本化学会学会賞
2009年 - ACS Award in Polymer Chemistry
2010年 - 秋の褒章・叙勲にて紫綬褒章を受章
2011年 - フンボルト賞

その他


第13回 次世代につながる新たな「知」を創造するー相田卓三教授

関連書籍


コメント欄

コメントを投稿するには画像の文字を半角数字で入力してください。


画像認証

  • 最終更新:2013-10-12 12:27:14

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード